本文へスキップ

老後の生きる権利の確立を!全国老人福祉問題研究会です。

学習会・イベント情報

1月例会】

テーマ  差別がもたらす人権侵害~ハンセン病患者差別の史実から

窮極の差別と過酷な弾圧を受け、青春も家族も人生も奪われたハンセン病の患者さんたち、その背景には国民の無関心も大きく影響していました。映像、パワーポイント、講演で最近の元患者さんたちの名誉回復・復権のねがいと運動を知ると共に、いまの社会で高齢であることを理由にした差別をはじめ、LGBTや韓国人、中国人などに対する差別、さらには女性に対する差別などのさまざまな差別の実相と私たちに求められるものは何かを議論します。

講 師  儀同政一さん(国立ハンセン病資料館参与)

と き  1月19日(土)午後3時~

会 場  白十字ホーム地域研修交流センター(西武池袋線「秋津」下車徒歩7分)、
    (JR武蔵野線「新秋津」下車徒歩7分)

資料代  500円(学生無料) 参加事前申し込み不要

主催  全国老人福祉問題研究会

 〒189-0021 東京都東村山市諏訪町2-26-1 白十字ホーム気付

 042-392-8982(10時~17時まで)

 e-mail:mail@roumonken.sakura.ne.jp


※学習会・イベント情報については全国老人福祉問題研究会 掲示板でも随時、お知らせします。

全国老人福祉問題研究会
〒189-0022
東京都東村山市諏訪2-26-1
白十字ホーム気付
TEL 042-392-8982
FAX 042-392-1255